アルミの鋳造・PFダイカスト・鍛造|アルミのことなら日軽金 日本軽金属株式会社

ニーズに合わせた最適な製法を選定します。

重力鋳造(TOMAQ)法、PFダイカスト法、熱間鍛造法、C&F法など、それぞれの工法における強み・特徴を最大限引き出し、アルミ開発合金と工法との相乗効果により、お客様の要求スペック・品質・コストダウンの実現に貢献します。

重力鋳造法(TOMAQ)清浄に溶湯を管理し、大量の水冷却で金型の温度コントロールを精緻に行い、完全な指向性凝固と高速凝固を可能にする重力鋳造法です。 PFダイカスト法アルミ合金と酸素を反応させることにより、無孔性で、緻密な内部組織の製品を生み出す製法です。 熱間鍛造法油圧プレス・メカプレスにて、高強度耐磨耗性を有した自社開発合金を使用し、鍛造部品を生産する製法です。
軽量化について理論設計通りの強度スペックを実現するための最適工法を選定します。また、工法変更によるコストダウンや、環境対策についても樹脂含浸などの必要のない、圧漏れしない工法のご提案など、環境に配慮した生産活動を行っています。