アルミについて
アルミニウムの歴史
アルミニウムの発見から現在まで
1782年
フランスの科学者A.L.ラボワジェが、明ばん石(ばん土、今日のアルミナ)は金属の酸化物である可能性が大きいという説を発表。これをアルミーヌ(Alumine)と命名。
1807年
イギリスの電気化学者H.デービーが、明ばん石を電気化学的な方法で分離を試み、金属アルミニウムの存在を確認、アルミアム(Alumium)と命名。その後、呼称はアルミナム(Aluminum)、アルミニウム(Aluminium)と変わっていった。(米国では現在でもアルミナムと呼ぶ。)
1855年
フランスの化学者H.E.SC.ドビルが、化学還元法によりアルミニウム製錬を開始。
1886年
アメリカのC.M.ホールが、電解製錬法を発明。 フランスのP.L.T.エルーが、ホールより数ヶ月遅れて電解製錬法を発明 。 これにより電解製錬法(ホール・エルー法)が確立される。
1887年
オーストリアのK.J.バイヤーが、湿式アルカリ法によるアルミナ製造法を発明。これにより、ホール・エルー法とあわせて、現在のボーキサイトからアルミニウムまでの製造法が確立される。
1929年
アルマイト処理が日本で発明される。
1934年
日本でのアルミニウム製錬が開始される。
1936年
日本で超々ジュラルミンが開発される。
1996年
日本でアルミニウムの総需要が400万トンを突破。
2009年
放熱部品にアルミニウムを使用したLED照明器具の開発・発売が相次ぐ。
2010年
日本アルミニウム協会が2020年の世界のアルミ新地金需給の見通しを7,390万トンと発表。(2010年の約2倍)アルミ缶リサイクル率、93.4%と過去最高を記録。
2011年
リチウムイオン電池を搭載したハイブリッド車、電気自動車の普及に併い、リチウムイオン電池向けのアルミ箔が好調。
日本企業の海外進出、一段と加速。
中国のアルミ新地金生産、2011年は世界の半分へ。
アルミ缶リサイクル率、92.6%と2年連続で90%を超える高水準。
タイで大洪水発生、アルミ業界への被害甚大。
2012年
アルミ企業の海外展開が加速。
中国のアルミ新地金生産、2012年は2,000万トンへ。
アルミ新地金対日プレミアム、255ドル/トンの史上最高値を記録。
LME在庫、12月に524万トンになるなど史上最高量を更新中。
尖閣諸島問題、日系の現地企業は操業停止となるなどアルミ業界にも影響。
アルミ缶リサイクル率、92.5%と3年連続で90%を超える高水準。
2013年

アサハンアルミ製錬プロジェクトから日本勢撤退。
リチウムイオン電池向けのアルミ箔、過去最高を記録。
アルミ企業の海外展開、加速度強まる。
中国のアルミ地金生産、世界の約半分 2013年は約2,500万トンへ。
LME、指定倉庫の搬出入量に関するルールを施行。
アルミ缶リサイクル率、94.7%と過去最高を記録。

2014年
アルミ缶リサイクル率、83.8%と大幅低下、韓国へのUBC輸出増が影響。
アルミ企業の海外展開、加速度強まる。
アルミ製品総需要、6年ぶりに400万トンへ。
リチウムイオン電池向けのアルミ箔、過去最高だった昨年を上回り史上最高を記録。
2015年
アルミ新地金の対日プレミアム、10~12月期は90ドル/トンと、1~3月期の425ドル/トンから急落。
中国の半製品輸出が増加、各国が懸念表明。
経済産業省、金属素材競争力強化プランを策定。
アルミ缶リサイクル率、87.4%と前年度より3.6%アップ。
2014年現在〜世界のアルミ産業
世界のアルミ生産量の推移(新地金の生産)
世界のアルミ生産量の推移(新地金の生産)

今世紀に入って約100年のアルミニウムの生産量の推移をみると、驚異的に伸びていることがわかります。
当初は航空機または軍需用途が多かったようですが、輸送用、建築用、包装用と人々の日常生活に使用されるに従い、目覚ましい成長を遂げました。
注)新地金はボーキサイト鉱石から製錬された地金で、一旦使用してから再び使用される再生地金と区別しています。

2014年のアルミ新地金生産国ベスト10
2014年のアルミ新地金生産国ベスト10

生産国の上位は、全世界(計44,624千トン)の約4割を占める中国をはじめとして、ロシア、ブラジル、インドなど、いわゆるBRICsと呼ばれる国々が増加中です。

2014年のアルミ新地金消費国ベスト10
2014年のアルミ新地金消費国ベスト10

消費国(全世界計:約42,386千トン)についても、生産同様、近年急成長している中国が第1位、日本は4位です。