事業・商品案内
押出事業 > 電着塗装(ユニコールカラー)

電着塗装(ユニコールカラー)

開発の狙い
項目 着眼点
建材 住宅やビルの外観を多彩色に演出します。
耐候性 屋外や長期使用も美観を損なうことがありません。
特長
アルミニウムはもともと美しい地肌と優れた耐食性を持っている金属です。
そこへ、一般的に硫酸を電解液として電気化学的処理を施し、陽極酸化皮膜をつけると、キズのつきにくい、より美しい表面が得られます
さらに、陽極酸化皮膜の上に電着塗装を施すと、耐食性、耐候性が向上し、屋外で長期間使用しても表面の美観を損なうことがありません
日本軽金属の「ユニコールカラー」は、完全自動化された最新の自動表面処理設備を使用し、当社が長年培ってきた、きめ細かい色監理法で製作しますので、全体にムラがなく光沢が均一で色があせません。
陽極酸化皮膜の断面構造
複合皮膜の断面構造
 
1. 陽極酸化皮膜(アルマイト処理)
2. 金属塩を主体とする電解着色槽に浸潰し、有色の金属化合物を析出します。
3. その後、熱硬化アクリル樹脂を溶液化した電着塗装槽で電気泳動法により塗布しその後焼付処理を行い、強固な塗膜に仕上げます。
 
主な用途
  建築用壁材・トラック用アオリ
他屋外使用をする建築用部材

お問い合わせ先

日軽金アクト (電話)03-5461-8203

商品リスト

Copyright 2001-2006 Nippon Light Metal Co.,Ltd All rights Reserved.