高強度・高成形性5000系板材(FC)

特長

  • 従来工法(DC鋳造)材では実現できなかった強度と深絞り性を実現します。
  • 強度は同じ組成で約15%アップし、深絞り性はF552でSPCC同等の値を有します。
     =高強度を生かした薄肉化が図れます。
     =Mg量を減らしても従来工法材と同等の強度を保ち、耐SCC性対策が可能です。
  • 今までアルミで難しかった難形状の絞りに対応でき、プレス工程の削減を実現します。
  • フレックスキャスター+特殊製法との組合せにより、非常に微細な金属組織となります。
  • 特殊製法との組合せにより、SSマークフリーを実現します。

 

用途

  • 自動車輸送関連―――ボデーパネル材、足回り他構造部材、トラック架装部材、鉄道車両用構造部材 等
  • 電機電子関連――――FPD用バックパネル 等

画像

特性

材料特性

区分材質調質引張強さ
(N/㎟)
耐力
(N/㎟)
伸び
(%)
r値限界絞り比
フレックスキャスター F552 O 220 125 25 0.76 2.23
572S 240 140 25 0.78 2.17
DC 5052 O 195 90 25 0.65 2.08
5154 240 115 27 0.75 2.15
5182 290 145 28 0.80 2.20
銅版 SPCC O 310 180 42 1.39 2.26
 
 

高強度グラフ

 高強度グラフ

深絞り性グラフ

 深絞り性グラフ

 

お問い合わせ先

日本軽金属株式会社 板事業部(東京)
電話:03-5461-9400
大阪支社・支店
電話:06-6223-3522
名古屋支社・支店
電話:052-231-1308