水酸化アルミニウム

一般的特性

新モース硬度・・・・・・・3

真比重・・・・・・・・・・2.42

屈折率・・・・・・・・・・1.57

強熱減量・・・・・・・・34.6%

脱水開始温度・・・約200℃

水蒸気発生量・・・0.9l/g

吸熱量・・・・・・・・・2.0×103J/g

種類特長主な用途
標準水酸化アルミニウム(PDF) 酸、アルカリに対する反応性、溶解性が良好
湿粉(SB92、B52)は発塵がなく、乾粉(SB93、B53)は流動性が良い
工場用化学薬品、ムライト
ガラス、触媒、医薬品原料
ふっ化アルミ、敷粉
細粒水酸化アルミニウム(PDF) 多様な条件で使用できるように、粒径・粒度分布をコントロール 樹脂充填剤、紙用内填剤
微粒水酸化アルミニウム(PDF)
低ソーダ水酸化アルミニウム(PDF) 電気特性が良く、耐熱性が高い 樹脂充填剤(電気絶縁材料)
高充填水酸化アルミニウム(PDF) 樹脂等への充填性が高い 樹脂充填剤(高充填用途)
表面処理水酸化アルミニウム(PDF) シランカップリング剤、ステアリン酸など添加することにより、樹脂との界面強化、分散性向上 樹脂充填剤
高白色水酸化アルミニウム(PDF) 白色度が非常に高く、粒径別に3品番を品揃え 人工大理石
高純度水酸化アルミニウム(PDF) 純度99.9%以上、不純物としてはFeほかを低減 光学材料

水酸化アルミニウム