日本軽金属株式会社

板事業

めっき処理板材

特徴

加工後に施していたNiめっきが省略でき、はんだ性を持たせることも可能です。

Niめっき、Snめっき等、様々なめっきに対応できます。
 ...Niめっき単層       (接触表面の導通を図る)
 ...Ni+Snめっき+保護層 (はんだ付け用途)
  ⇒その他の金属めっきもご相談ください。

銅合金に比べ、コストダウンと大巾な軽量化が可能です。(銅の比重の1/3)

狭巾コイルの場合、連装プレス等で形状加工後のコイルでも、めっきが可能です。

用途

電機電子関連――ブスバー、ヒートシンク、電磁波シールド 等

自動車輸送関連―電装部品のバスバー、ターミナル端子 等

その他―――――銅、真鍮等の電機関連部品からのアルミ代替方法としてご検討ください。

特性

アルミめっき材の基本的な構成
はんだ濡れ拡がり性の比較
特性比較
母材質量(比重)放熱性(熱伝導度)はんだ性同一放熱のための重量 
アルミ(Ni+Snめっき)2.72401.0
アルミ(無垢材)2.7240×1.0
鉄(ぶりき)7.8808.8
銅(無処理)8.9400202.0

比重:g/㎥  熱伝導度:W/m・℃  はんだ性:Pbフリーはんだに対するはんだ濡れ性  同一放熱のための重量:アルミを1.0とした場合の比較

加工後に施していたNiめっきが省略でき、はんだ性を持たせることも可能です。

アルミ材質系、製造サイズ

材質系...1000系、3000系、5000系、6000系

板 厚...0.2mm~2.5mm

板 巾...20mm~1000mm
注:表面処理の種類、材質、板厚、板巾により製造範囲は変わります、ご相談ください。
  電機電子関連――ブスバー、ヒートシンク、電磁波シールド 等

お問い合わせ先

  • 日本軽金属株式会社 板事業部(東京)
    電話:03-5461-9400
  • 大阪支店
    電話:06-6223-3521
  • 名古屋支店
    電話:052-231-1308
ページトップに戻る