ニュースリリース

2013/04/01

平成25年度入社式 社長メッセージ

平成25年4月1日
日本軽金属株式会社

平成25年度入社式 社長メッセージ 


新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。

昨年入社内定式に参加された皆さんが、無事学業を終えられて揃ってここに出席されている事、また若く元気な皆さんを迎えられた事を大変うれしく思います。

今、日本は政権が民主党から自民党に変わり、世に言われるアベノミクスで、20年以上続いたデフレ経済から脱却できそうな機運が盛り上がっています。20年の間には何度かデフレから脱却できそうな状況が訪れる機会がありましたが、その都度大きな変動が世界や日本を襲い、デフレの中に沈んだままとなってきました。安倍首相の主張する3本の矢、金融緩和、財政政策、成長戦略に対する期待から円が安くなり、株価が上がっております。今後実際の金融緩和は黒田日銀総裁の就任に伴いかなり大幅に行われると思います。財政政策は中々進まなかった東北の復興を核として今後目白押しに打ち出されてくると思われます。そして成長戦略です。政府はTPPへの参加の意向を表明しました。これが決まると我々は諸外国と対等な立場で戦っていく事ができます。これら、国によって整えられた環境をいかに利用し、事業を発展させて行くかが、成長戦略の真の担い手である我々企業の大切な役割です。

私が子供の頃は、日本は資源の無い国だから、海外から原料を輸入しそれを加工し、輸出して外貨を稼ぐのが日本の生きて行く道だと教えられてきました。これは今も変わりません。但し、昔の低賃金で加工し輸出していた製品はご存知のように、低賃金国を求めて世界中を渡り歩いています。私達はこれらの国では作れない、高い技術によって作り出された製品を輸出していかなければなりません。しかし近年では低開発国において工業製品の地産池消が強く打ち出されるようになりました。これらの国には工場を建設し、我々の技術をもって他にできない製品の製造販売を進め、そこからの利益を日本に還元していくことが望まれます。そのため私達は今も日夜新しい技術、新しい製品、新しいビジネスモデルを作り、日本の成長戦略に少しでも貢献していけるよう活動しています。これは勿論進出先の成長にも大きく貢献するものでなくてはなりません。

当社は昨年10月に日本軽金属ホールディングス株式会社といたしました。アルミに関連する多様な事業を保有しています。これらの持つ様々な技術、能力を横断的に組み合わせ、強固な塊として先進的な製品を作りだしていくことを強く指向しております。そしてビジネス分野では営業、開発、製造を一体化したフラットなチーム組織での経営を行い、マーケットオリエンテッドなスピードのある事業展開を行っています。皆さんも実習が終わり配属されるとすぐにこのチーム組織の一員として、ビジネスの最前線で事業戦略の立案と実行に知恵を絞らされます。この世界では正解は見えていません。皆さんは初めて自分で正解を作らなくてはならない世界に入って行くことになります。難しい世界ではありますが、周りの人達は全てその中で活躍しています。一人ではありません。皆良いチームメートです。どうか常に明るく前向きに進んで下さい。

皆さんの健闘を祈ります。

以 上

 

本件に関するお問い合わせ先: 日本軽金属株式会社 広報室 TEL03-5461-9333