日本軽金属株式会社

板事業

ブレージングシート

特長

ろう付け性はもちろん、成形性や耐食性に優れたブレージングシートを提供します。

用途や目的に応じた材料構成(心材/ろう材の組合せ)を推奨します。

溶接困難な複雑形状の部品等、ろう付けを活用することにより、対応可能となります。

用途

自動車輸送関連―――熱交換器(ラジエーター、コンデンサー、エバポレーター 等)

建築関連――――――ハニカムパネル面材 等

ブレージングシートとは...

心材(3XXX系合金)とろう材(4XXX系合金)を熱間圧延工程でクラッド圧延(圧着)した板

代表的な使用例

約600℃に加熱してろう材を溶かし、他の材料とろう付け接合する。

代表的な材料構成

材料特性
心材ろう材用途例クラット率(%)
3003
3003+Cu
4343熱交換器部品
・チューブ
・パイプ
・座板
5~15%
ご相談に応じます。
4045
4N43
4N45
4004
3003
3003+Zn
4343熱交換器部品
・フィン
4045
4N43
4N45
4004
69514343ハニカムパネル面材
4045

※ご要望に応じて、犠牲材(7072)との組合せが可能です。

お問い合わせ先

  • 日本軽金属株式会社 板事業部(東京)
    電話:03-5461-9400
  • 大阪支店
    電話:06-6223-3521
  • 名古屋支店
    電話:052-231-1308
ページトップに戻る